田中沙織

販売接客・事務他

Saori Tanaka

2002年卒・2001年卒

th_DSC_6446-1220x812

ファッションクリエイト科 2001年卒

プロフェッショナル科 2002

福島県私立会津学鳳高等学校出身

株式会社シンクラボ
茨城県ひたちなか市足崎1474-4
TEL:029-212-8088
FAX:029-212-8078
HP : http://shinc.co.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/shinc.lab/timeline

th_DSC_6503th_DSC_6432

————————————————————————–

好きな仕事に就ける人は、未来にワクワクできる人

体験したことすべてが自分の糧になっ武蔵野ファッションカレッジに入学を決めた理由は、個人のペースに合わせて指導してくれる、温かみのある雰囲気が良かったから。マイペースであることを自覚していたので、他のファッション専門学校は自分の性格に合わないように感じたのです。在学中の生活はもうとにかく楽しかったことしか記憶にありません(笑)。とくにプロフェッショナル科で過ごした1年間は、学ぶ姿勢や意識がとくに高まっていたので、授業はもちろん、体験したことのすべてが自分の糧になりました。なかでもパリコレ見学は人生の財産。強烈に印象に残っていて、自分の感性を磨く素晴らしい機会になりました。財産といえばもう一つ、武蔵野で出会った人たちも私にとって大切な宝物。現在でも互いに刺激を与えられる仲間として、親交を深めています。

 

th_DSC_6489th_DSC_6479

まずは自分に何ができるかを考える

卒業後は約10年間、武蔵野ファッションカレッジに教員として勤務。それくらい武蔵野が好きだったんです(笑)。製作やスタイリング、ファッションショーの指導などを担当させていただいたのですが、学生とはまた違った視点で授業に関わることで、私自身もまたファッションを学び直せたように思います。現在は“SHI・A・WA・SE”を感じてもらえる商品やサービスを提供するインテリアセレクトショップで事務と接客をしています。多くの人と出会える仕事なので、人との会話を通して、自分の世界が広がっていくことが何よりのやりがいです。仕事をするうえでは「できないこと」を環境や他人のせいにしないように心がけています。まず自分に何ができるかを考えるのが、成長の第一歩ですから。夢はお店の一角で、ミシンを使ってモノづくりをすること。自分の手から生まれた作品で“SHI・A・WA・SE”を感じていただけたら、最高じゃないですか。

th_DSC_6516

Q.後輩へのメッセージ

A.「自分はこうなりたい」という明確なビジョンを持っていて欲しい。未来にワクワクできる人の方が、授業でも、就活でも、どんな場面でも有利ですよ。