山野井 亜純

販売員

2009年卒

visual-1220x456

2009年 ファッションスタイリング科 卒業 栃木県立小山城南高等学校出身
株式会社 シューマート
→ シューマート 宇都宮インターパーク店
販売員

Q.専門学校武蔵野ファッションカレッジに進学を決めたきっかけなど
A.昔からファッションに興味があり、専門学校も服飾系でさがしていました。
友達(ファッションスタイリング科在校生)に武蔵野ファッションカレッジの体験入学に誘われて一緒に行ってみたところ、先生方、先輩方がとてもフレンドリーでお洒落!私もこの学校で楽しく勉強したいと思いました。

Q.在学中の印象に残っていること・役立っていること
A.ファッションショーでモデルをつとめた事です。昔から人前に出る事が苦手だった私は、ファッションショーの広いステージでウォーキングできるのかと不安でいっぱいでした。しかし、無事ランウェイを歩ききった時はとても自信がつきました。すごくいい経験でした。田中先生には大変お世話になった記憶がありますね。
学んだことで役に立つことは沢山ありますが、特に素材の知識やディスプレイは直接実践の場で役立ちます。

Q.仕事のやりがい・歓びなど
A.以前接客したことがあるお客様が、「この間買った靴、とても履きやすかったよ」とか、「今日は孫を連れてきたから、一緒に靴を選んで」と私を訪ねて、声をかけてもらえると、とても嬉しい気持ちになります。もっともっと楽しく靴選びができるように、買い物のサポートを頑張ろうと勇気づけられます。

Q.辛かったこと、苦労したことなどどう乗りこえているか
A.お客様より、靴の知識が足らなかった時。店長などに聞いたり、カタログを見てメモをとったりして、一つ一つ覚えていきました。シューマートで働いて5年目(学生アルバイト時期を含む)になりますが、まだまだ勉強する事がたくさんあります。

Q.仕事をする上で心がけていること
A.接客業では基本ですが、笑顔と元気の良い挨拶を心掛けるのはもちろん、お店が広いので、大きな声で挨拶をするようにしています。それから、お客様の話を親身になって聞くことを大切にしています。自分も楽しんで接客しています。

Q.今後の目標・後輩たちに伝えたいこと
A.責任ある立場となって、頑張っていきたいです。職場での後輩の指導にも対応できるようにもっともっと頑張ります。
後輩のみなさんには、武蔵野ファッションカレッジに入学したら、是非ファッションショーなどの行事に、モデルやスタッフとして積極的に参加してみて下さい。準備や練習で大変な事は多いですが、卒業した後もずっと参加してよかったと思えるはずです。

とても明るい笑顔がステキでした ^^ (PRESS)

th_DSC_5180th_DSC_5175th_DSC_5163th_DSC_5160