富澤 妙子

バイヤー

2001年卒

visual-1220x456-10-1220x456

ファッションクリエイト科 デザインコース 2001年卒業 新潟県立十日町総合高等学校出身
OMAKE 十日町店 勤務 バイヤー

Q.武蔵野に進学を決めた理由・きっかけなど

A. 1年次の前期にファッションに関する基礎を学ぶことができ、後期からコースを選べる事に魅力を感じ、入学を決めました。
(デザインコース・パターンコース・クチュールコース・スタイリストコースなど、コース選択が可能となっていました)Q.学生時代、最も印象に残っていること・役に立っていること
A. 仲間と協力して作り上げた卒業制作。二年間の在学中でいちばん頑張りました(笑)

Q.仕事のやりがい、歓びを感じる時
A. 自分が買い付けて来た物をお客様が手に取り購入される時や、新しい物を探しに出掛ける時、企画した物が出来上がった時、あげたらキリが無い程、とにかくこの仕事に携わる事全てが私の歓びとなっています。

Q.辛かった事、苦労した事、どう乗り越えてきたか 経験から得た事など
A. 言葉の壁でいちばん苦労します。海外での買付先や、台湾店とのやり取りは、英語はもちろん現地の言葉になるので、自分の思うことが伝わらなかったり、相手の言っている事を理解出来ない時がいちばん辛いです。理解したいし、理解されたい。現在、タイの学校でタイ語を勉強中です。

Q.今の仕事をしていくうえで、心がけていること
A. 昔は自分の好き嫌いだけで判断していたように思います。台湾店が出来た事により、選ぶ商品の幅も広がりました。自分だけの価値観にとらわれず、広い視野で物事を見て動く事を心がけています。

Q.今後の目標、夢
A. まだまだ行ったことのない国がたくさんあります。まだまだ見たことのない物がたくさんあります。もっともっと多くの国で、もっともっと色々な人と出会い、色々な物を見たいと思っています。

Q.その他、伝えたいこと後輩へのメッセージなど
A. 私は学生時代に思い描いた夢が、現実となりました。「世界中を旅して自分の好きな物を買い付けたい」今、そのままの道を歩んでいます。

…と話してくれました。
2014年5月現在、富澤さんはタイ語の勉強のため現地で学んでます。
自分の目標に向かって活き活きとして目が輝いていたのが印象的でした。(PRESS)

th_DSC_0051-150x150 th_DSC_0047-150x150 th_DSC_0040-150x150 th_DSC_0045-150x150 th_DSC_0056-150x150