武蔵野ファッションカレッジ

交通アクセス お問い合わせ LINE TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

東京のファッション・服飾専門学校
【学校法人後藤学園 武蔵野ファッションカレッジ】

LINE TWITTER FACEBOOK Instagram

在校生スペシャルトーク

それぞれのMFCライフ

同じときを同じ場所で過ごした4人が集まり、ここで得たものやそれぞれの思い出を語り合いました。

写真左から

永田:永田 妃奈子さん(アパレルプロフェッショナル科 埼玉県 私立山村国際高等学校出身)

笛田:笛田 大支くん(ファッションスタイリング科 埼玉県立新座柳瀬高等学校出身)

倉上:倉上 橘花さん(アパレルプロフェッショナル科 埼玉県立熊谷農業高等学校出身)

島田:島田 萌さん(ファッションスタイリング科 埼玉県立秩父農工科学高等学校出身)

期待を胸にMFCへ

笛田:こうして4人で集まってゆっくり話すのは【incubate collection】のショー以来だね。

倉上:そうだね。2年生になってからは夏の期間限定shop【incubate】や、冬の【incubate collection】と、イベントが目白押しで、私たち4人も科の枠を越えて深く関わるようになったよね。

永田:イベントでファッションスタイリング科の人たちと同じ目標に向かって取り組んでいくなかでいろいろな刺激を受けたなぁ。みんながどんなMFCライフを送ってきたのかもすごく気になる。

島田:本当だね。私たちもアパレルプロフェッショナル科の人たちの感性に触れて、みんながどんな想いで服づくりをめざしたのか、どんな学校生活を送ってきたのか、知りたいなって思ったよ。私にとってはあっという間の2年間だったけど、みんなはどうだった?

倉上:私はパタンナーになりたくてMFCに入学したんだけど、普通の高校に通っていたから服飾の製作経験はゼロに近かったのね。だけど、先生方の丁寧な指導があったおかげで、一歩一歩着実に成長できた2年間だったかな。

永田:私も子どもの頃からデザイナーになりたいという夢があって、高校生のときに大学や短大も視野に入れながらいろいろな進路先を探したの。その中で、倉上さんの言うようにMFCの少人数制で丁寧な指導に惹かれてここを選んだんだよね。入ってみて先生との距離の近さに驚いたくらい(笑)。

笛田:アパレルプロフェッショナル科の2人は、入学前からある程度なりたい職種が決まっていたんだね。僕はとにかく服が好きだったから、将来はファッションに関わる仕事に就きたいと思っていて、見つけたのがMFCだったんだ。オープンキャンパスに参加してみて、学校の雰囲気を肌で感じたら「ここだ!」って思って。同じ高校の先輩2人がMFCに通っていたのも決め手だったな。入ってみて、周りのみんなのセンスの良さに驚いたよね。

倉上:それ、すごいわかる(笑)。しかも、ファッションを学んでいくから、日に日にみんなオシャレになっていくんだよね。

島田:みんないろいろなきっかけでMFCに入ってきたんだね。私の場合は昔からファッションが好きで、高校も服飾系の学校に通っていたのね。それで、高校に専門学校や大学から先生がみえて、各校の説明を聞ける機会があったんだけど、そのときにMFCの先生がとても親切で。「オープンキャンパスに来てみたら」と声をかけてもらったのがきっかけだったかな。参加してみたら、みんなが言うようにアットホームな空気が流れていて、自然とここで学びたいって思うようになったな。

永田:先生との距離感の近さは、MFC最大の魅力だよね。一人ひとりの性格や得意なこと、苦手なことまで全部知っているから、いつも的確なアドバイスをしてくださるよね。ついつい頼っていろいろな相談に乗ってもらったな(笑)。

成長を感じる日々

笛田:僕は毎日が濃くて思い出だらけなんだけど、みんなは何がいちばん印象に残ってる?。

倉上:私がいちばん印象に残っているのは、やっぱり【incubate collection】かな。学生の間にファッションショーに携われるのは本当にすごいことだと思う。

永田:そうだね。MFCに入学する前からあこがれてたショーだったからずっと楽しみにしてたけど、いざ取り組んでみると想像していた以上に大変だったな(笑)。

笛田:僕たち3人はディレクターということもあったから、曲決めやキュー出しでみんなをまとめるのに苦労したよね。そういう意味ではショー全体をプロデューサーという立場でまとめ上げた島田さんがいちばん大変だったよね。

島田:このファッションショーを通して、全体を俯瞰的に見ることや計画性を持って取り組むことの大切さなど、いろんなことを学べた気がする。でも、ディレクターのみんなに助けられる場面も多くて、3人には本当に感謝してるよ。

笛田:本番直前に変更になったところもあったりしたけど、この4人だったから協力し合いながら乗り越えられたと思う。

倉上:ファッションスタイリング科の2人は、期間限定shopも思い出深いんじゃない?

永田:私たちアパレルプロフェッショナル科がつくった服を販売してくれてありがとう。

笛田:僕はリーダーとしてお店の運営全体に関わることができて本当に楽しかったな。VMD、バイヤー、人事育成、プレスという4つのセクションがあって、それを取りまとめる立場だったから大変だったけど、その分やりがいも大きかったよ。島田さんは人事育成の部分で頑張ってくれたよね。

島田:そうだね。1年生もスタッフとしてお店に立つからその教育などもやったね。

永田:一言にshopと言っても、各セクションごとに役割が違って面白そうだね。私は羽織にもワンピースにもなるトップスと、ショートパンツに巻きスカートがセットになったものをつくったんだけど、実際に原宿のお店に自分のつくった服が並んでるのを見たときは感動したなぁ。

倉上:私はキャンディースリーブのトップスとベルボトムを作ったよ。

笛田:そのトップス、高校生のお客さんが「かわいい~」って言ってたよ。後ろから見てもオシャレなデザインになるようにっていう製作のポイントを聞いていたから、現場でもセールストークで伝えていたんだ。

島田:実際のお客様を相手にするものだから、臨機応変に対応する必要があったり、実戦だからこそいろいろなことを学べたよね。

それぞれの夢に向かって

笛田:春からはみんな社会人だね。卒業後はみんなどうするの?

倉上:私はインターン先でもあった会社に企画職として入るよ。デザインから営業までに幅広く関われる会社なんだ。

永田:私はめざす職種にキャリアアップができるところに就職が決まったよ。まずは販売職として、春からお店に立つよ。

島田:私も第一志望だったブランドに販売職として就職が決まったから、1日でも早く力になれるよう自分を高めていきたいなって思ってる。

笛田:僕も春からは念願の販売職としてデビューするよ。いつか自分でセレクトショップを開きたいという夢があるから、そのために必要なものを吸収していきたいと思ってる。みんな同じ業界で、これからもお互いに刺激し合いながら切磋琢磨できるといいね。

教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ
LINE TWITTER Instagram FACEBOOK