アパレルプロフェッショナル科

APPAREL PROFESIONAL DEPARTMENT

ハイレベルな技術系スペシャリストを目指す。

豊かなデザイン提案力・表現力を養うとともに、多彩なアイデアをリアルな服として仕上げるプロの知識・技術を身に付けます。
カジュアルファッションやリアルクローズを十分に意識した教育で、実践に強いプロを育てます。

アパレルプロフェッショナル科の特長

  • 実践を通して感性を表現する

    本校オリジナルのブランド&ショップ「インキュベイト」の運営やファッションショーの開催、インターンシップなど実践的なカリキュラムを通じて、ファッションがどれだけ多くの職種と携わり、様々な工程を経て、世の中へ送り出されているのか。その全体の仕組みと仕事の流れの概略を十分に理解することで、プロとして羽ばたくための自信を育てます。

  • 作品製作を通して計画性を学ぶ

    本校オリジナルのブランド&ショップ「インキュベイト」の運営やファッションショーの開催、インターンシップなど実践的なカリキュラムを通じて、ファッションがどれだけ多くの職種と携わり、様々な工程を経て、世の中へ送り出されているのか。その全体の仕組みと仕事の流れの概略を十分に理解することで、プロとして羽ばたくための自信を育てます。

  • コミュニケーション能力を高める

    本校オリジナルのブランド&ショップ「インキュベイト」の運営やファッションショーの開催、インターンシップなど実践的なカリキュラムを通じて、ファッションがどれだけ多くの職種と携わり、様々な工程を経て、世の中へ送り出されているのか。その全体の仕組みと仕事の流れの概略を十分に理解することで、プロとして羽ばたくための自信を育てます。

目指す職種例

ファッションデザイナー/パタンナー/ソーイングスタッフ/ファッションアドバイザー(販売員)など

目指す資格

パーソナルカラー検定モジュール1/ファッションビジネス能力検定/パターンメーキング技術検定/洋裁技術検定/販売士検定/教員認定 など

専門士の称号

服飾専門課程アパレルプロフェッショナル科およびファッションスタイリング科を卒業した者は、専門士(服飾・家政専門課程)と称することができる。

カリキュラム

1年次では重点分野を中心に繰り返し実習で基礎力を養います。2年次にはショップやショーなどに向けた作品製作やプレゼンテーションで「計画→実行→評価→改善」(PDCA)のプロセスを何度も体験し、一人ひとりの専門性と社会人基礎力の両方を高めます。重点分野ごとの科目群に加え、幅広い知識をカバーする科目群で、業界が必要とするプロを育てます。

PICK UP

  • コンピューターグラフィックス1・2

    Macintoshを使用して、イラストレーターやフォトショップを中心とした表現ツールの使い方を学びます。実際にソフトを使いながらその特色を理解し、機能を効果的に 使いこなせるような知識と技術の習得を目指します。

  • 帽子製作

    ファッションショーの作品など 、 トータルコーディネートの表現の幅を広げるアイテムである帽子。 早く美しく仕上げるポイントにも 触れながら、自分のデザインした 帽子を、緻密に正確に製作する技 術を学びます。

  • Styping Map 検定

    色彩の理論だけでなく、ファッションコーディネートとして色を使いこなしていく力を育成する授業です。学習の成果として日本ファッションスタイリスト協会認定の「Styling Map 検定」の合格を目指します。

  • ファッションマテリアル1・2

    生地について学ぶ授業です。作品との適合性や素材の特性といった知識に加え、 トレンド情報を盛り込みながら感性を養います。実際に生地を見て、触って、感じ ながら、ものづくりへとつながる能力を身に付けましょう。

CLOSE UP

ファッションショーでの作品発表も、「学び、実践する」ための貴重な機会。だからすべての製作プロセスに授業科目が割り当てられています。

  • デザインクリエーション2

    ファッションショーに向けてデザイン。トレンドも取り入れながらオリジナルなデザインを生み出します。

  • クリエーションパターン2

    デザインをもとにランウェイで最も美しい状態となる形を十分に意識してパターンを製作します。

  • モデリング2

    デザインの雰囲気を忠実に再現するため、高度な技術も習得しながらイメージ通りにつくり上げます。

  • プレゼンテーション2

    ショー演出の参考にになるよう、できあがった作品について、学内プレゼンテーションを行います。

  • incubate collection

    ショー当日も授業として運営などに携わり、「チームで目標を達成する」意欲と行動力を養います。

講師からのメッセージ

  • どんなに高い技術も、
    小さなことの積み重ね。

    佐々木 しづえ

    クリエーションパターン・モデリング担当

    若い時に繰り返し作業した経験は底力となります。袖つけや縫い合わせがうまくいかないときは、途中で妥協したり諦めたりせずに何度でもやってみましょう。その努力を積み重ねることができる学生時代は、とても貴重です。

  • 自由な表現は、
    基礎力から。

    室谷 浩子

    アパレル技術担当

    ファッションで自己表現するためには、アートや音楽と同じように基礎力が欠かせません。1年次には新しい用語や使い慣れないミシンに戸惑うことがあるかもしれませんが、授業で学ぶことを着実に身に付けてください。それが、自由な創造への近道です。

  • 自分が楽しむのが
    いちばん。

    箕輪 雅春

    アパレル技術担当

    将来どんな仕事に就いても、地位やブランドではなく自分自身が楽しんで仕事できるかどうかを大切にしてほしいと思っています。好きなことなら、苦しくてもやりがいを感じられるもの。授業や課題の中にも、自分の楽しみを見つけながら取り組んでください。

  • のびのびと発想しよう。

    茂垣 晴菜

    コンピューターグラフィックス担当

    少し手間をかけてオリジナルプリントの生地をつくったり、柄の組み合わせをCGでシミュレーションしたり。ツールを駆使する技術を学んだら、それらをどのように使うかを考えてみてください。豊かな発想を形にするアイデアが見つかるでしょう。