武蔵野スタイル

Musashino Style

Original educational program and features of Musashino

社会で活躍できる、ほんもののプロを育てる。

武蔵野ファッションカレッジでは、服をつくる技術はもちろん、実際に売れる商品を見極め、つくり出す「現場力」を身に付ける教育を実践しています。

期間限定shop【incubate】

マーケットの特性を意識した商品製作、コンセプトを理解した販売戦略を実践する期間限定shop【incubate】。
店内のディスプレイやBGMにもこだわり、リアルな店舗運営を経験します。

夢の実現まで一直線 incubate SystemMUSASHINO

学校でありながら、 アパレルメーカーの現場で働くのと同じように、「考える」から「売る」までを経験できる武蔵野ファッションカレッジ独自の教育システム、それが「incubate System」です。各専門のプロフェッショナルが基礎から育成します。

  • 考える

    服で人を感動させるアイデアはどのように生まれるのかを、「デザイン表現」や「ファッションビジネス」で学びます。

  • 売る

    真のプロフェッショナルはお客さまに評価されてこそ。期間限定shop 【incubate】 で、世の中のニーズやトレンドをしっかり学びます。

  • つくる

    服づくりは徹底して「カラダ」で覚える、これが武蔵野の指導。感性も、 計画性も、コミュニケーション力も、実践のなかで身に付けます。

  • 魅せる

    「incubate collection」「卒業制作ファッションショー」など作品発表の場を数多く用意。たくさんの目に触れることが成長の近道です。

“考える”プロを育てる

売れ続けるブランドには、かならず優秀なマーケターが存在します。


アパレルプロフェッショナル科
杉並区立東京立正高等学校出身
渡邊 胤美さん

「少人数制」の学校なら確実に実力がつく
小倉:渡邊さんはどうして数あるファッション専門学校のなかでも武蔵野ファッションカレッジを選んだの?
小倉:個人的に作ったバッグやアクセサリーをよく見せに来てくれるよね。色合いやデザインが個性的で、渡邊さんらしいといつも思っているよ。いつから服や小物をつくっているの?
渡邊:「少人数制」に魅かれたのが理由です。自分の性格上、1対1でしっかり見ていただいたほうが、確実に力がつくと思ったんです。
渡邊:昔からファッションが好きで、「欲しいならつくっちゃえ!」という感覚で気軽につくりはじめたのがきっかけです。いかにお金をかけずに、私らしいものになるかがテーマ。遊びではじめたことだけれど、 将来を考えたときに思い浮かんだのは、ファッションでした。

つくって楽しいだけではプロではない
小倉:その「服をつくるのが好き」をさらに、価値を認めてもらえるところまで高めるのが、いわゆる“考える”ってことだと思うんだけれど、学ぶ前と後で、何か自分自身に変化はあった?
渡邊:売るべきターゲットを考えるという視点が身についたのが大きいですね。自分流に服づくりを繰り返しているだけではぜったいに学べなかったと思います。
小倉:自分でつくって楽しんで終わり、ではプロじゃないからね。そこは学生にしっかりと伝えていこうとつねに考えている。
渡邊:はい、しっかり伝わっています!武蔵野って先生と学生の距離が近いので、先生の想いや言葉がダイレクトに伝わってくるのがいいところ。仲はいいけれど授業は本気、日頃は優しいけれど指導は厳しい。そんな真面目に、でも楽しみながら勉強できる自慢の環境です。

“つくる”プロを育てる

技術と知識だけでなく、つくる姿勢や発想力まで身に付ける。


アパレルプロフェッショナル科
埼玉県立新座総合技術高等学校出身
尾木 明奈さん

一人ひとりしっかり見てくれる先生が自慢
尾木:武蔵野は、とにかく先生たちが自慢。優しく、一人ひとりしっかり見てくださるのはもちろん、授業の進め方がとっても丁寧で、教えがきちんと身になっていくのが実感できます。箕輪先生の見本なんて、作品レポートも、デザイン画も、パターンも、すべてがキレイで見やすいので驚きました。ただ学生に求めるレベルも高いので、そこは厳しく感じることも(笑)。
箕輪:みんな服づくりが好きで入ってくる学生がほとんどだから、製作の楽しさは最初から知っている。だから学校としては厳しさも伝えなくちゃいけないと思っているんだ。そのときは厳しいと感じるかもしれないけれど、それは愛情だったと後から気付いてくれるとうれしいね。

自分のイメージをカタチにできる喜び
箕輪:これまでスカートにパンツ、ブラウス、ワンピースといろいろな服を一からつくったけれど、どれが一番難しかった?
尾木:いま製作中のジャケットです。工程が多くてもうパニックになりそう。困ったときも箕輪先生は、 「自分で考えなさい」とおっしゃるので、 自分なりに模索しながら手を動かしています。
箕輪:社会に出たら誰も教えてくれないよ。でもヒントやアイデアは伝えているし、実際、努力しながらも進んでいるじゃない。
尾木:そうなんです!考えていくと方法が見えてきて、そこではじめて「先生が言っていたのはこれか」と理解できる。自分で考える時間があったからこそ、技術を体で覚えられるのだと思います。

“魅せる”プロを育てる

スタイリングに正しい答えはない。だから永遠におもしろい。


ファッションスタイリング科
埼玉県立鴻巣女子高等学校出身
藤村 祥代さん

服は“魅せて”はじめてファッションになる
松山:藤村さんは見ていて安心感があるよね。授業でイメージボードをつくったときも、 最初にしてはかなり出来が良くて、 センスのある人だなと思っていたの。
藤村:憧れの松山先生にそう言っていただけるとうれしいです。コーディネートは小さい頃から好きなんです。きっかけはバービー人形(笑)。あれでスタイリングに目覚めました。
松山:もともと服やスタイリングが好きな人に、もっともっと好きになって欲しいというのが私の授業で目指しているところ。みんなに伝わっているといいんだけれど。
藤村:伝わっています!松山先生がおっしゃっていた「服は魅せなきゃおもしろくない」という言葉で火がつき、より一層、ファッションが好きになりました。

感性が入り混じるところに専門学校の価値がある
藤村:先生の授業で一番印象に残っているのが、「ショーでは距離を考えなさい」と言われたことです。それまでは半径1mくらいの世界で考えていたのですが、ショーでは会場の大きさ、お客さまとの距離を考えてスタイリングをするように言われ、ハッとさせられました。
松山:ファッションの技術は経験しなくてはわからないことがほとんど。だからこそ武蔵野では実践の場をたくさん用意しているの。ショーにはショーの、ショップにはショップのスタイリングがある。かといって正しい答えがあるわけではないから、あれこれ模索しながら自分の答えを見つけるしかないんだよね。
藤村:ファッションって本当に人それぞれなんだと、授業を通じて実感しているところです。自分とは違った感性に触発されて、新しいアイデアが生まれることもあります。
松山:そう、いろんな感性が入り混じるところこそ、専門学校の醍醐味だと思う。

“売る”プロを育てる

販売員はブランドの顔。人気のブランドにはかならずいい販売員がいる。


ファッションスタイリング科
埼玉県立日高高等学校出身
笹尾 瑞輝さん

「つくる」知識も販売員にとっては強みになる
高橋:笹尾くんはもともと販売を希望して、武蔵野に入学したんだよね。専門学校に進もうと思ったのはどうして?
笹尾:販売の技術や知識を先取りしておいた方が、社会に出てからいいスタートが切れると思ったんです。それにファッション専門学校なら服づくりについても学べるので。

高橋:それは本当にいい選択だったと思う。服づくりの知識があるとないとでは、お客さまにおすすめするうえでの説得力がまったく違うから。たとえば素材の価値や、裏地がついていることの意味など、実際に服をつくったことがある人からしか生まれない言葉がある。
笹尾:服づくりを学ぶことで、よりファッションが好きになれた気がします。服に対して目が利くようになったというか、自分に似合う服がわかるようになりました。

経験からくるアドバイスは言葉の重みが違う
笹尾:先生の授業で教えていただいた「空いている時間で商品のいいところを3つ考えておきなさい」は、本当に勉強になりました。言葉が準備できている状態になるので、服の持つ魅力を伝えやすくなるんですよね。高橋先生は実際に販売員として仕事をしていた経験から指導をしてくださるので、 一つひとつのアドバイスに重みがあります。
高橋:お客さまは、商品のことがよくわかっていない人からは買おうとは思わないからね。 とくにメンズの場合、うんちくを語ることで喜んでくださるお客さまが多いから、知識はより重要。「いいところ3つ」は、販売員として仕事をするうえで、この先ずっと役立つと思うよ。