ファッションスタイリング科 【スタイリストコース/アドバイザーコース】

FASHION STYLING DEPARTMENT

アパレル業界で、流通・販売・スタイリストのプロを目指す。

販売やショップマネジメント、スタイリングに関する幅広いスキルを実践的に学びます。
常に新たな知識やトレンド情報を取り入れ、プロフェッショナルに求められる感性を育てていきます。

ファッションスタイリング科の特長

  • 興味に合わせてコースを選択できる

    あなたの興味に合わせてスタイリストコースとアドバイザーコースの2つのコースから選択できます。

  • コミュニケーション能力を伸ばす

    多くの職種と携わるファッション業界だからこそ必要なコミュニケーション能力を実践的なカリキュラムを通じて伸ばしていきます。

  • 計画性を学び、美意識を磨く

    ファッション業界全体の仕組みと仕事の流れと技術と美意識を身につけ、プロとして羽ばたくための自信を育てます。

目指す職種例

マーチャンダイザー/プレス/スタイリスト/バイヤー/ファッションアドバイザー(販売員)など

目指す資格

パーソナルカラー検定/ファッションビジネス能力検定/販売士検定/ファッションスタイリング検定/ファッション販売能力検定/フォーマル検定/教員認定 など

専門士の称号

服飾専門課程アパレルプロフェッショナル科およびファッションスタイリング科を卒業した者は、専門士(服飾・家政専門課程)と称することができる

カリキュラム

1年次では企画製作から流通まで、業界について幅広く学びます。2年次にはショップ運営、ショーのスタッフなどでファッションビジネスの現場を体験。コーディネートやアドバイザーに必要な専門性と社会人基礎力の両方を高めます。 重点分野ごとの科目群に加え、幅広い知識をカバーする科目群で、業界が必要とするプロを育てます。

PICK UP

  • スタジオワーク

    スタイリストコースの学生はつくり上げたコーディネート作品を写真に収め作品集(ポートフォリオ)を製作します。 1年次ではこの授業で撮影技術を習得していきます。

  • ビジュアルマーチャンダイジング

    現在のファッション小売業に欠かせない「商品企画・商品計画」を目に見えるものとして表現する方法を学びます。基礎知識の習得からディスプレイ実習、実際の店舗のリサーチ・分析を経て、売場での提案力を身に付けます。

  • ヘアメーク1・2

    スキンケアと基本的なメークアップの技術を学び、さまざまなシーンやファッションスタイルに対応できる理論とテクニックを習得します。ファッションショーに向けてトータルの技術も学びます。

  • ファッションビジネス1・2・3

    ファッション業界の仕組みや各セクションの業務内容について、実務を意識した授業内容です。トレンド立案からプレゼンテーションまでの企画の流れを把握し、ファッションビジネス能力検定3級の受験対策を兼ねて学習します。

CLOSE UP

原宿の期間限定shop「incubate」 の運営を通して、「つくる」から「売る」までファッションビジネスをトータルに経験します。

  • スタイリストワーク1

    原宿のショップで販売するという目的と、トータルコーディネートを意識して商品を企画します。

  • ファッションコーディネート2

    体形別、タイプ別コーディネートなど、ショップでのアドバイスにも役立つ知識を学びます。

  • ショップマネジメント2

    販売のコンセプトや目標設定、接客、店舗レイアウトなど、ショップ運営のすべてを経験。

  • プレゼンテーション2

    ショップオープン直前、デザイナーから商品説明のプレゼンテーションを受けて、実践に臨みます。

  • 期間限定shop「incubate」

    期間中もスタッフ同士で話し合い、販売計画や宣伝の見直しなど改善点を見つけて実行します。

講師からのメッセージ

  • 好きなことに、
    貪欲になろう。

    本間 昭子

    ファッションコーディネート・ヘアメーク担当

    同じ服でも、髪型やメーク、小物などのスタイリング次第でイメージは変わっていきます。コーディネートするとき、必要なのはイメージを言語化する力。クラスメートの感性や世の中に目を向け、触れたことのない分野に触れてみましょう。

  • 毎日のちょっとした
    積み重ねこそ大事。

    奈良 将之

    ファッションビジネス担当

    世界のデザインコンテストで結果を出すために、プロのデザイナーやアパレル企業に評価していただく…。こう聞くと難しい気がしますよね。ただ、これも毎日のトレーニングの積み重ね。頑張った分だけ必ずうれしい結果が返ってきます。

  • 視野を広げて、
    感性を磨く。

    窪寺 瞳

    パターンメーキング担当

    日々変化していくファッション業界の中では、自らの感性を常に養い、新しいものに敏感でなければなりません。基礎知識をしっかり学んだ上でたくさんのものを見て、感性を豊かにする努力をしてください。

  • 自作のアイテムを使った組み合わせでコーディネートの実力を磨きましょう。

    松山 由未

    スタイリング担当

    映像なども参考資料にリサーチで流行を捉え、製作を通してアイテムの知識を学び、コーディネート提案の実力を磨き、プレゼンテーションで人に伝えることを学びます。普段からファッション以外にも興味を持ち、アイデアの幅を広げてください。